持ち家におけるリスク

私は、賃貸派です。
その理由は以下の通りです。

 

@様々に起こる震災、災害の危険性
近年各地で起きる地震や、噴火など、地球の異常な震災や災害が増えています。いつ起こるか分からない状況で、今のこの時期に家を買うのは危険だと思います。
買ったばかりの家が、すぐに壊れてなくなってしまうリスク、財産が残るという魅力は、持ち家には勿論ありますが、なくなってしまう危険を考えるなら、私は賃貸のほうが安全だと思います。

 

A突然変わるライフスタイル
転職、出張、妊娠、出産、結婚、病気など、突然ライフスタイルが変わってしまう事は多くあります。予定は変わる物であり、子供が出来た時に別の家が良くなる事もありますし、突然配偶者が亡くなってしまう可能性も。沢山の子供を抱えながら、収入が途切れてしまった場合、賃貸なら安い家に引っ越す事は可能ですが、持ち家の場合だとローンは残ったままです。夫婦で、定年あたりまでお金を貯め、定年後の人生において、持ち家購入をするのが今は一番いい選択だと思っています。
それまでは、変わるライフスタイルに合わせて賃貸のほうが安全だと思っています。

 

Bずさんな建築の実態
最近は、手抜き工事などもよく話題にのぼります。私達素人目線ではなかなかそれを見抜く事は難しいのではないでしょうか?
住んでみたら、話と違った。地震が起きたら手抜き工事により家が壊れてしまい、そこで初めて手抜き工事が判明するというのがとても多いです。
また、内装面で、カビがすぐに生えてしまう事や、結露が酷いなんていう状況もよく話に聞きます。賃貸であれば、引っ越す事も可能ですが、持ち家では諦めるしかない事もありますね。
一生懸命稼いで貯めたお金で手に入れたマイホームが酷い状況であったと分かった時の精神状態や、一生付き合っていかなければいけないリスクを考えれば、引っ越せる状態に常にしておいたほうがいいと思います!

 

以上の理由から、持ち家のリスクを回避し、賃貸がいいと考えます。